カメラマンとして生命を感じ血の通っている表情を撮る人物写真

人物写真を撮影していると自然に被写体に近づいていってしまう。人物の持っているオリジナリティーや印象を見出しやすいからである。またあらゆる角度から微妙な変化を感じ取り適している一番を探し出す。何枚も撮影していく過程で同じ写真は一枚もない。手でポーズを取ってもらったり表情を変えて変化を求めていきより良い表情を創り出す。

光の質のバリエーションを生かしてイメージを確実に写し込む人物撮影