料理撮影においてシズル感で旨さを引き立たせる

ステーキ写真
ステーキ写真

料理写真(食品、清涼飲料水写真)

料理撮影は高度な技術を要する。料理の出来上がりから撮影までを素早く終わらせないと、質感や形状、シズル感が損なわれてしまうからだ。

 

空腹や喉が渇いているときに欲する感覚を映像として焼き付ける。

本物のシズル感を五感で受けとめスタジオ撮影で創り出すことが料理撮影やメニュー撮影では必要

料理撮影は、食材選びから料理を際立たせる器の選択。調理工程から最終の盛り付けまで

撮影前に行わなければならない行程が沢山あります。そのどれもが神経を使います。

撮影の強力なサポーターであるフードコーディネーターとタッグを組み、写真の仕上がり品質を向上させます。打ち合わせの段階から妥協なくより高い品質の写真を仕上げます。

 

 

料理撮影,メニュー撮影でシズル感をスタジオ写真で創り出す

メニュー撮影は料理の出来上がりから撮影までを素早くおわらせないと、質感や形状、シズル感が損なわれてしまうからだ。空腹や喉が渇いている時に映像として焼き付けてしまわないといけない。本物のシズル感を五感で受けとめスタジオ写真で創り出す事が広告の写真だ。只技術が,写真さえ上手ければとだけ言えない何かがある。技術も必要だがそれだけでは本物の写真とは言えない!

お米やご飯は一粒一粒を際立たせる難しい被写体

浜内千波氏発芽米レシピ撮影