その人自身が抱いているストーリーに 合致した肖像写真

リアルで美しくヒューマンインタレストを感じさせる人物撮影

カメラマンは人物の描写を文章の力を頼らずに表現し、絵画との差異は限りなく客観的なところだと思います。 

    生きて呼吸しているナチュラルな所作を撮りたいと考える。