NICO NICO DOUGA PRESENTS NICO NICO MUSICAL DEAR BOYS Double Revengeのパンフレット撮影担当
2024/04/18
NICO NICO DOUGA PRESENTS NICO NICO MUSICAL DEAR BOYS Double Revengeのパンフレット撮影を担当しました。新人戦神奈川県大会決勝戦にまで登り詰めた 瑞穂高校と本牧高校。頂点をめざして全面激突!
鎌倉市長・松尾崇氏撮影を担当
月刊ガバナンス2024年1月号 NO.273で 巻頭首長インタビューで 鎌倉市長・松尾崇氏撮影を担当 しました。ご興味のある方は是非! 構成/ 本誌・三海 厚氏 株式会社ぎょうせい

竜は、カメラに潜(ひそ)む。2024
竜は、カメラに潜(ひそ)む。2024 水に棲む竜が、そのなき声で雷雲を呼び、竜巻となって飛翔するように。カメラに潜む竜は、そのシャッター音が引き金となって、感性の宇宙へ飛翔します。 被写体に潜む美を、宇宙を、どこまで表現できるか。 その答えは、感性という竜だけが知っている。 2024年。辰年は、たつ、年。 今年もよろしくお願いします。
わっしょい深川
わっしょい深川 · 2023/07/21
江戸三代祭りの 一つ『深川八幡祭り』が6年ぶりの本祭が8月11日から15日の5日間にわたり開催されます。 先日、タウン誌深川編集部(株式会社クリオプロジェクト)より「わっしょい深川」深川八幡祭り徹底ガイドが事務所に届きました。 定かな記憶ではありませんがこのお祭りの撮影に関系してから約35年は経ていると思います。 今でも雑誌を読むと、初めて本祭の撮影をした時の感動と心のトキメキが蘇ります。 写真左はわっしょい深川の前身のガイドブックです。第21代会長の高橋富雄氏がモデルです。 中盤カメラ、ポジフィルムでの撮影。 『男は背中で物を言う』 総代袢天の後ろ姿。 連合渡御の当日、全神輿が無事に戻り観客の方々と 一体となって盛り上がり、お祭りの期間中無事に事故なく 終わって欲しいという思い。 本来は大人神輿と一緒に子供神輿を担がせたいなと思っているわけ。 例えば途中まででも一緒に担げたらいいよね。大人が一緒だと子供ってすごく頑張るじゃないですか。 総代袢天に憧れるっていうのも、そういうことじゃない? わっしょい!

新川デリー
新川デリー · 2023/07/07
東京メトロ八丁堀駅、茅場町駅が最寄り(鍛冶橋通りと明正通りの交差点)の「インドカレーショップ 新川デリー」が2023年7月13日で現店舗での営業を終了することになったそうです。 理由は「入居ビルの都合」とのこと。そして「移転先を探しているが、なかなか条件に合う物件がなく、営業を続けるメドは立っていない」とお店のHP紹介されております。 以前、私の事務所が八丁堀だった事もあり、時々利用しておりました。   私の習性として病み上がり(体の弱っている時)は鍋焼きうどん、ジメジメした蒸し暑い夏の二日酔いのお昼はここのカシミールカレーで生き返ります。   今から約11年前『大人の週末』覆面調査の写真撮影を担当していた事がありますがカレー特集の際に偶然お伺いしました。 先日、店主の浅野氏にお会いして来ました。できる限り近隣に移転先が早く見つかることをお祈りいたします。
私の樹脂道
私の樹脂道 · 2023/07/03
樹脂道とは プラスチックの未知なる可能性を追究し、 様々な社会の課題挑む。  この姿勢を茶道や 武道といった『道』を究める姿になぞらえ『樹脂道』と名付けました。       大分県、豊後竹田が私の母の生まれ育った所で、昔はよく特急『富士』で帰郷しておりました。 まだ新幹線も開通してなくひとときどころか1日半ががりでしたが楽しい鉄道旅の思い出があります。 2022年11月住友ベーク ライト(株)静岡工場での撮影を皮切りに『ひととき』東海道・山陽新幹線(グリーン)車内に置かれている車内雑誌広告で毎月掲載されております。 東海道・山陽新幹線(グリーン車)での旅を予定されている方!社員の方々の『私の樹脂道』を『ひととき』で是非ご覧ください。 https://www.sumibe.co.jp/company/pr/jd/202301.html

選挙ポスター高阪まさし氏撮影
ご縁ありまして、4月23日(日)投票日の新宿区議会議員候補の高坂まさし氏の選挙ポスターの撮影を担当しました。ご当選おめでとうございます。 心よりお祝い申し上げます。
選挙ポスター石川孝一氏撮影
4月23日(日)投票日の新宿区議会議員選挙出馬に伴い、石川孝一氏の選挙ポスターの撮影を担当しました。栄あるご当選、心からお慶び申し上げます。

工芸百貨「匠市」の広告写真を担当。Vol2.
工芸百貨「匠市」の広告写真を担当。  一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会が展開している、工芸百貨「匠市」 takumi-no-ichi.jp その告知広告の撮影を担当いたしました。告知広告は、1~3月の間に、多くの雑誌で展開されています。 「匠の市」は、厳しい条件をクリアし、国から指定を受けた「伝統的工芸品」に出会えるオンラインモールです。「明日から、一生使える」工芸品との出会い、がコンセプトです。また産地と生活者をつなぐ「伝統工芸青山スクエア」(東京都港区赤坂8-1-22)では、全国の魅力的な伝統的工芸品が一同にそろい、実際に見て触れることができます。適時、魅力的なイベントも開催しております。  ●雑誌の広告に触れていただき、工芸百貨「匠市」のサイト takumi-no-ichi.jp ものぞいてみてください。また青山界隈にお出かけの際は、ぜひ「青山スクエア」にもお立ち寄りください。
工芸百貨「匠市」の広告写真を担当。Vol1.
 工芸百貨「匠市」の広告写真を担当。  一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会が展開している、工芸百貨「匠市」 takumi-no-ichi.jp その告知広告の撮影を担当いたしました。告知広告は、1~3月の間に、雑誌で展開されます。 「匠の市」は、厳しい条件をクリアし、国から指定を受けた「伝統的工芸品」に出会えるオンラインモールです。「明日から、一生使える」工芸品との出会い、がコンセプトです。また産地と生活者をつなぐ「伝統工芸青山スクエア」(東京都港区赤坂8-1-22)では、全国の魅力的な伝統的工芸品が一同にそろい、実際に見て触れることができます。適時、魅力的なイベントも開催しております。  ●雑誌の広告に触れていただき、工芸百貨「匠市」のサイト takumi-no-ichi.jp ものぞいてみてください。また青山界隈にお出かけの際は、ぜひ「青山スクエア」にもお立ち寄りください。

さらに表示する